生物観察

レクサスCT

取り回しがよくて、気を遣わなくてすむ。→大型セダン、大型ワンボックス が除外

出来ればアイポイントの高い車→スポーツカーは除外。

値段が安くて、故障が少ない → 各種ヨーロッパ車や高級車は除外

段々と絞れてきた。

実は載りたい車に合わせているの条件だったりもするが・・・。

最後に残った候補は
1ジムニー 2プリウス であった。

ジムニーは軽自動車なので、ジムニーシェラという1300㏄のヤツにしよう。
プリウスで白でサンルーフが付いて、クルーズコントロールが付いていればOK

段々と絞れてきた。



で、結局プリウスにしようと思って選んでいたが・・・。

先代のプリウスはあまりにも世の中に溢れていまいか??  野良猫よりも沢山見かけるのは間違いない。

何しろカッコイイし、燃費がいいし・・・。世界一のTOYOTAだし・・・。






で、どこをどう辿ってきたのか。レクサスのCTに決定。


予算は大分オーバーだが、何しろ上記の自分の希望を一番満たしている車に思えた。




レクサスCTは、高級ブランドであり先代のプリウスとほぼ同じエンジンを積んでいる。
車重はプリウスよりも100KG重いらしいが、それはほぼ遮音性向上材料の搭載ということらしい。

ネットで散々評価を調べてみたが。

「乗っている人の評価は高いが、乗ってない人の評価が低い。」

なんて素晴らしい車なんでしょう。車が来たらここでレビューしてみたいと思います。
c0352052_15102085.jpg





最後まで選択肢から外れなかったジムニーシェラでしたが、舗装路以外の場所までいくのにOFFROADは犠牲が大きすぎる。という判断になりました。

非舗装路を走る喜びや所有感はありそうだが、実用性に関しては随分と犠牲が必要に感じました。
何しろ自分の自動車遍歴で初代所有車はジムニーでした。

今か考えればあの時のジムニーは本当に楽しくて、今までで一番運転していて面白かった車だったので、もう一度。という思いが強くてこうなったわけです。







[PR]
by osute | 2018-03-29 16:58
<< 納車の期間 世界の片隅に >>



ストレス発散のつぶやき