生物観察

終戦

終戦記念日。

色々とねじ曲がっている世の中。

多彩な意見があるのは構わないが、これは酷いというものもある。

日本人は過ちを二度と犯さないというけれど、戦争の過ちと原爆投下の過ちは違う。
原爆投下は過ちではなく、これはアメリカの過ちではないのだろうか。

なのに、広島でそういう言葉を聞く事があるのは気のせいなのか??

こういう私的な意見を述べると違う意見の人がいい思いをしないだろうから、この辺でやめておくが、

ねじ曲がった考え方ならまだしも、中には「便乗??」とも取れる非難を叫ぶ人もいる。

それは原爆と関係あるのだろうか?? ってね。



まぁ、兎に角。

平和に生き続けるのはそれだけで体力も知力もいるわけで、人間同志が楽しく、幸せになるには努力が必要不可欠であるという性を忘れない事が大切ですね。

努力しなければ、争いが起こる。それが人間の社会。

小学生の時からこの肝心な語句をハッキリと伝えるべきではないだろうか。

c0352052_09565296.jpg

それからもう一つ。

過去から学ぶのは原爆の被害報告も勿論大事だが、

どうして、こうなったのかの経緯をしっかりと認識することが一番大切。

来た道をたどる事のないように。違う道をキチンと子供に選ばせるような教育が必要ですね。




[PR]
by osute | 2017-08-17 09:58 | 思考
<< 秋田県の秘湯 子育て終了 >>



ストレス発散のつぶやき