生物観察

アンダーソンハエトリグモ

アンダーソン、よくいるのですが室内では冬でも居ます。

よくよく見ると小さい虫はどんな家でも沢山いますね。

虫の世界を写真で写すのは難しいですが。

適したカメラがあるもので、今は無き、RICHOのコンデジは総じて接写に強力です。

c0352052_11154157.jpg
アンダーソンさんの奥様。

不思議な名前ですねぇ。ハエトリグモにこんな名前を付けた人は・・・。って事で調べてみました。

便利な、便利なインターネットで。

名前の由来はフランス人博物 学者ミシェル・アダンソンからきています。

っと、書いてあった。やっぱりという感じの名前でしたね。

メスとオスがこれだけハッキリしているのも又、何か意味があるのでしょう。

しかし、RICHOのGXR S10は本当に昆虫撮影には向いてますねぇ。いいですよこれ。

一眼のマクロレンズのようなボケが必要ない時にはこのカメラが大活躍です。







[PR]
by osute | 2015-11-20 11:25 | カメラ
<< コガネムシは金持ちだ。 雨の日の墓参り >>



ストレス発散のつぶやき