生物観察

canon 5D mk2

c0352052_05401951.jpg
透明というのは、色素が消えたアルビノの最終形ではなく、擬態の究極の姿である。

周りに順応し、隠れるのならば。透明が一番労力なしに順応出来るのに気付いた生物。

進化は常に無駄のないものを選択するわけですね。その前にはたぶん多大な無駄が

あっただろうけど。




我々の社会にも無駄だらけ、これがスッキリと無駄のない時がいつかおとづれるのだろうか。

大量のゴミに、大量の消費。

寿命が来たら壊れるように出来ている製品。


[PR]
by osute | 2015-10-26 12:35 | レクサスCT
<< スタッフとの絆 珍しいのが居た。 >>



ストレス発散のつぶやき