生物観察

情報化の恐さ

インターネットを覗けば凄まじい量の情報が溢れている。

全世界で電話を一回も掛けずに天寿を全うする人は7割。(今はもっと少ないかな)

という話を昔聞いた事がある。

インターネットは数か国の人だけがやっているもので、世界に繋がっているわけではない。

無数の情報の中にはマスコミによるデッチ上げも数多い。

情報を得れば勝てる。そういう時代は既に終わっているのではないだろうか。今は、真実のわずかな情報を分析・行動する人が「勝」そういう時代に移行していると思う。

新しい情報に踊らされて疲れ果てて失速する人が沢山いるように思う。そして、それに費やすエネルギーやお金をドブに捨ててしまっているのではないだろうか。

真実の情報だけを選定し、それを受け取り、行動する。その判断は結局自分の意思であり、
その意志を決定するのは普段の恥ずかしくない自分自身の行動に他ならない。

周りの環境がどれだけ情報で溢れていても、それは一見昔とかけ離れた環境であるように見えても。物事の本質はここでも「変わりはない」はず。

c0352052_16461032.jpg



[PR]
by osute | 2015-02-05 11:34
<< 冬の山 最初に >>



ストレス発散のつぶやき